2009年10月01日

転職 就職で採用される決め手

書籍などで調べてみると、
 履歴書や職務経歴書の書き方が大切とか、
 面接での受け答えで決まる。
なんて書いてある。

とどのつまり、
 結局、運だ。と書いてあるのも。

間違いは無い。のだろうけれど、

 採用する側が適当に決める

って、あなた 本当に思ってる?
採用される決め手とは?


posted by ほのぼの at 17:55| Comment(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

履歴書を書くとき必要なこと その2

先回書いた内容をもうちょっと詳しく書きます。
ご存知のとおり、
履歴書は、応募者の顔です。
この応募者は、どれ位真剣に就職したがっているのか

ある採用担当者は、まず、そこを確認したい
と言っておりました。

つまり、就職をするにあたって、どれだけ気を回せているのか
ということです。

履歴書には、いろんな種類のものがあります。
皆さんは、ご存知ですか。
私も、実は知らなかった人のひとりです。

求人案内についているお決まりのものしか見たことが無かったので、
一種類しか無いと決め込んでいました。

まず、大きく分けて、新卒者用と転職者用とがあります。
自分の特技が現しやすいように、技術者用と事務系とがあります。


応募先から求められなくても、職務経歴書をつけましょう。
何を何年、どういうレベルのことに携わっていたのか
これを、わかり易くまとめてみましょう。

特に自分の得意とするところは、あまりにも当たり前すぎて
自分では、認識できないところがあります。
友人に聞いてみると、以外な長所を発見できることがあります。

よろしければ、感想を入れてください。
内容にかかわらず、励みになります。


今回のお役立サイトの紹介
本田こーちゃんの自由大好き

実は、以前にも紹介させてもらいましたが、ホント明るくなれます。
こんなに楽しく暮らしている人がほんとにいるのだって再確認できます。









posted by ほのぼの at 21:20| Comment(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

転職を成功させる決め手

履歴書を提出し、面接や教養テストなどがあり、内定となります。
この、採用される決め手は、何かご存知でしょうか。

わたしの過去ログにも断片的に書いてありますが、
本当の決め手というものが書いてあるノウハウを発見しました。

29回転職に成功した!!再チャレンジ転職法

ここに、ひとつひとつポイントが書いてあります。
これを熟読して、53歳の人もすんなり内定しましたし。
15年間フリーターをしてきた人が、1月以内に5社から内定通知がもらえた。
という事実が、本物だということを証明していると思います。

いつ会社が倒産してもおかしくない経済状況の今、用意しておいて損はないマニュアル
ではないでしょうか。
また、こういう本当のノウハウは、時代とともに通用しなくなることは、ありません。
将来の子供のために熟読しておいて、頼りになるオヤジになっておくのも
よいと思います。


成功した体験者が続出しているこのテキストは、
あと30人位で値上げするとのこと。

紹介するなら値上げ前にと思いましたんで。




29回転職に成功した!!再チャレンジ転職法








posted by ほのぼの at 22:08| Comment(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仕事を決めるときに知っておくべきこと

同じ職場で、色々な派遣会社から派遣されてきた人たちに
聞いてみました。

すると、派遣会社により待遇が全く違うことがわかりました。
あなたが、これだと思う案件も、複数の派遣会社が募集しているかも
しれません。

時給が50円違うだけで、一日400円。月にして8000円違いますから。
色々な派遣会社で募集状況を調べたほうがよいです。

また、実は、有給がもらえない、もしくはもらいにくい
というような、法律すれすれのところもあるようなんで
気をつけた方がいいと思います。

また法律により、使用者は、労働契約書を交付しなければ
なりません。
それを言葉巧みに一方的に破棄するような会社や、
試用期間中に、明日からこなくていい。といい
解雇手当を払おうとしないケースもあります。

最悪の場合は、労働基準監督署に相談するべきでしょう。

それと、担当者が話しを濁す場合も、やめておいたほうがいいかも。
法律で禁止されている二重派遣とかだったりします。









posted by ほのぼの at 19:17| Comment(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

履歴書を書くときに必要なこと

就職するとき、だいたいの場合は、履歴書が必要です。

あなたは、履歴書にも、種類がたくさんあることを知っていますか。
一度、大きな書店や文具店に行かれるといいかと思います。

転職者にもかかわらず、新卒者用のもので提出した時点で、不採用
とある人事担当者は、そう言っておりました。

新卒者用のものかどうかの区別は、保護者欄があるかどうかを
目安にしてください。

自分の経歴を上手に伝える為に役に立つ形式のものを使うのが
よいと思います。










posted by ほのぼの at 23:27| Comment(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

離職票を直ぐに発行してもらえない!

この3/31、派遣の打ち切りになりました。
このとき、派遣会社の担当から以下の説明がありました。

国の指導により、1ヶ月位、派遣会社は、仕事を斡旋する義務があるので
その間は、発行できません。自己都合なら、直ぐ可能ですけれど。

もし、直ぐに欲しいと思って自己都合にしないでくださいね。
失業保険が直ぐにもらえなくなってしまいます。

このときは、ハローワークに相談しましょう。
ここで、離職票が、法的に直ぐに発行できることが確認できたら、
その旨を派遣会社に告げてください。

ハローワークの担当者から
離職票は、10日以内に発行しなければならないこと。
必要に応じて、ハローワークは、会社に対して
督促状を送ることが出来る
ことが確認できました。

このことを派遣会社の担当に話してみてください。
多分、最速でことが運ぶと思います。
今日は、これにて、










posted by ほのぼの at 22:36| Comment(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

ホームレスにならない方法 雇用促進住宅の活用

ハローワークの紹介で職に就いた場合、
雇用促進住宅に入ることができます。

もし、県外から仕事のために引越しをした場合、
さらに格安で入居することができるようです。
調べてみてください。

公団住宅や、市営住宅よりも、とっても安い
家賃だった記憶です。

単身者には入る条件が厳しかったようでした。

雇用保険についても、原則のほかに特例が
いろいろあるようです。

待機期間がゼロになる条件とか。
あんまり表にでていないようですが・・・



追伸
仕事を探している時間は、とかく焦り勝ちです。
でも、こんなときこそ、心に余裕が必要なんです。


私は、どんな人生を歩むと幸せだろうか?
自分の心に問いかけてみましょう。

きっと、自分の見えない意識が、答えを出してくれます。
あなたに必要なことは、心のサインをきちんとキャッチすることです。

心が、せっかく答えを出していても、あなた自身が気がつかないと
もったいないですから。

答えは、いつでるかわかりません。

なんとなく、あるサイトを見て読んだ記事がきっかけにとか。
友人のなんとなくの言葉がヒントになったとか。



誰でも、人生を、有意義に過ごす権利があるのです。
自分の人生の主人公は、他でもない、あなたです。

そのために、潜在意識を活用するのも、ひとつの手です。


いろいろ読んでみると、成功した人の多くは、無意識に潜在意識を
活用しているようです。


神田先生の、非常識な成功法則も、しかり。
石井裕之のダイナマイト モチベーションなど。
私は、ブックオフで「心のブレーキのはずし方」を読みました。

たぶん新興宗教なんて思う人がいるかもしれません。
でも、自分の中にいる、もう一人の自分の存在を知ることができたら。

もう一人の自分の存在に、注意を払うようになるでしょう。

実は、この本を読む前、就職に失敗しました。
その、面接の様子を振り替えると、自分の潜在意識が就職を拒否していたことが
認識できるのです。

面接中に、急に、就職への意欲がなくなったのです。
そのときの自分では、なぜだかわかりませんでした。


でも、今ならよくわかるのです。
もし、興味をもったなら、「心のブレーキのはずし方」を読まれることをお勧めします。



なりたい自分をフォーカスしましょう。
効率のよいやり方を知って、大きな夢を実現しようではありませんか










posted by ほのぼの at 23:02| Comment(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

終身雇用制が崩れたとき

終身雇用制が崩れたとき、雇用者は、自分の都合だけで人を雇うようになった。

労働者も自分の都合だけで、仕事をするようになった。

そんな状態で出来た製品は、果たして心がこもっているものなのだろうか。

心がこもっていない工程は、ミスが出やすくなる。
今までなら、職人が、経験による勘で、おかしいとすぐ気がついたようなことでも、今の作業者は、気がつけない。
だから、より一層、ミスが発生しない仕組みが必要となる。

これを体裁よく、標準化と呼ぶとしよう。(ちょっと冒険だけれど)

標準化するためには、カネがいる。

そのカネを生み出すため、人件費を節約する。

こういう構図が出来てしまうと、もう、このスパイラルは、止まらなくなってしまうのではないだろうか。


この負のスパイラルを止めるためには、

労働者が、この手の労働に寄与しないことである。


昔は、高時給 というキャッチフレーズで、求人があった。
時給を高くしておいて、派遣・請負という層をわざと作った
とも考えられる。

正社員よりも高い給料の間は、つかの間で、いつしか、時給は下がっていったのが現実であるようだ。

今回の金融恐慌は、仕事を選ぶ場合、今の時給に左右されることなく、将来を考えるという知恵を授けた

その授かった知恵を大切にして、仕事を創造していこう。










posted by ほのぼの at 23:01| Comment(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

職歴は一貫性が必要

職歴に一貫性がないと就職に不利です。

履歴書を書く前に、きちんと仕事のたな卸しをしたほうがいい。


職歴を纏めるコツとは、
だんだん、業務の範囲が広がっていくように。
だんだん、深くなっていくように。
書いちゃおうということなんです。

普通、仕事に慣れていけば、業務範囲は広がっていくので、
ある意味、経験していることを、正当に評価してもらおう

なんて表現もできる。

面接官が、
おっ、前向きな方だ。なんて勝手に解釈してくれる。

面接なんて、短い時間で感じ取った雰囲気を、自分の経験に照らし合わせて
判断するしか、方法が無いのだから。


だいたい、人間なんて、偏見の塊なんです。どんな人でもね。
だから、ひとつの印象で、その人をこんな人だ。なんて判断しちゃうこともある。

第一印象を大切に、と言われる所以がここにある。


面接で採用されなかったからって、落ち込む必要は、全く無い。
単に面接官に気に入られなかっただけなのだ。

気に入るかどうかは、相手次第なので、こちらから媚をうる必要は、ない。
そういう能力に長けている人は別として、だいたいは、逆効果となることが多い。

ただ、ひとつの気持ちは、忘れないようにしようね。

過去に書いた
どうしたら、みんなから、「ありがとう」の感謝をもらえるのか。
より多くの人から。より深い気持ちで。









posted by ほのぼの at 22:32| Comment(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

就職の面接に行く前に知っておきたいこと

あるブログに影響されちゃいました。
そして、みなさんと、
<恐慌に振り回されない生き方>
を共有したいなあと思ったので、UPしました。

具体的に書くと、
本田こーちゃんのサイトです。とても共感した記事が書いてありました。
http://blog.livedoor.jp/hondakochan/
の1/27の記事を読んでください。

ホワイトエンジンとブラックエンジン
彼の造語で、正直、はじめは??でした。


そして、こんなこと、彼が言っているだけさ。
とか、思ったりもしました。


しかし、だんだんこの感性がわかってきました。
はじめは、手ごたえがなくて不安になった。
という表現が、都会に住む人の感覚なのかも。

このサイトには、幸せな想いで溢れているようです。
みなさんは、そう思いませんか。

多分、この感性がわかる人になれば、自分に合う会社で仕事することができれば、恐慌なんて無縁になるだろうなあって思います。









posted by ほのぼの at 00:00| Comment(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。